続・私が美容師を続ける理由②



こんにちは\(^^)/
東京都大田区下丸子にある女性専用サロン
bamboo material
野口ほなみです♪♪


今日は昨日の続きです(^^)
昨日のブログはこちら↓↓↓

中学を卒業したら東京の美容学校へ行くと言い出した私
そのとき両親の出した判断は……

『とりあえず体験入学に一緒に行くから』

でした。
反対されるだろうなと思っていたので
あれ、意外と行けちゃうかも?
なんて思いました。

そして夏休み、父と東京へ。
(そういえばなぜ父だったんだろ)
もうそのときは67歳くらいのおじいちゃんですよ、美容業界なんて全く知らないし東京も苦手なのによく一緒に来てくれたな…と思います。
父は説明会だけ一緒に出て日帰り、
私は1泊して次の日の体験入学も出させてもらって、カットしたりメイクして撮影したり、もう楽しすぎて大興奮で長野に帰りました。

その日の夜…
両親から話がある、と。
『ごめんね、あの学校には行かせてあげられない……』
『学費が……』

そう、前回のブログにも書いたように
我が家は決して裕福ではなかったし
私が行きたいと言った学校は無認可校で学費も膨大な上、通信で通う高校も私立で、とてもじゃないけどうちには難しかったのです。
頭では分かるけど、気持ちの整理がつかず泣きじゃくる私にごめんね、ごめんね…と両親が謝っていました。
通わせられないことはきっと最初から分かっていたのに、せめても、と泊まりで東京に体験入学に行かせてくれたんだと思うとまた涙が止まらなくなり、ひたすら泣きじゃくり、私が泣き止むまで、母がずっととなりにいてくれたのを覚えています。

今思えば、反対したり批判したりバカにしたり、そんなこと一切言わずまだまだ子どもの私にしっかり向き合ってくれていました。
感謝。

そのときの体験入学でカットしたウィッグや、チームのTシャツやたくさん撮った写真は最近まで実家の部屋に飾ってあり、帰る度に初心を思い出せる大切なものでした。
あのときのチームのみんなは今どうしてるかな?携帯も持ってなかったから連絡もとれないけど、美容師になっているといいな。

そして、とりあえず家から一番近くにあった高校へ入学しました。

わ、なんか長すぎて全然現在に到達しない…
またまた続きます笑
次は高校卒業後のおはなしです(^^)





今日も一日お疲れさまでした゜:。* ゜.
明日も今日よりまた良い日になりますように☆*。

bamboo material
癒し髪美容師
のぐちほなみ


LINE@はこちら↓↓↓
ご予約、ご質問、ご相談お気軽にどうぞ!
友達追加お願いします(≧∇≦)

インスタғᴏʟʟᴏᴡ ᴍᴇ♡
bambooのホームページはこちら↓↓↓
24時間ネット予約もできます♡

0コメント

  • 1000 / 1000